やましたレディース・マタニティクリニック「経口避妊ピル」についてのご説明です

お問合せ・ご予約
073-426-8111

診療内容

経口避妊ピル

経口避妊薬としての
低用量ピルについて

低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤です。
避妊効果が高いだけで無く、いろいろな効果(副効用)があります。
フランス、ドイツなど欧米では約40%の女性が低用量ピルを服用して、仕事や日常生活を過ごしているのに対して、日本では約3%と非常に低く、未だにピルに対し偏見や抵抗感を持つ方が多いのは残念です。
ピルは避妊効果が高いだけでなく、子宮内膜症の予防になります。子宮内膜症は10代から始まっていると言われており、高校生でも、避妊だけでなく、将来の不妊症予防のためにもピルを内服することは問題ありません。
(避妊目的のピルでは内診等の診察は必要ありません)

ピルの効果(副効用)
  • きちんと服用すれば、99.8%の避妊効果があります
  • 月経周期が安定、月経期間が短縮、月経量が減ります
  • 月経痛が軽くなります
  • 月経前症候群(PMS)が軽減します
  • 子宮内膜症の症状改善、予防になります
  • ニキビ・多毛症に効果があります
  • 卵巣がん、子宮体がん、大腸がんの発症率が下がります
副作用について
  • 飲み始めには、軽い吐き気、不正出血、頭痛が起こることがありますが、大抵は2~3周期でおさまります。
  • 血栓症:ピルを服用していない人に比べてリスクは2~3倍になりますが、妊婦さんや産後の方が、はるかに血栓症のリスクが高いです(およそ5~20倍)。
    また、喫煙者はリスクが高くなり、35歳以上で1日15本以上の喫煙者には処方はできません。
  • 食欲が増えることはありますが、太ることはありません
  • 将来妊娠しにくくなることは全くありません。むしろ、内服することで子宮内膜症の予防になるため、将来の妊娠に備えて内服することはメリットと言えます
  • ピルはドーピング薬ではありませんので、アスリートもピルで月経を調整することで、試合にベストの状態で臨めます
当院のピル
ラベルフィーユ
(トリキュラーのジェネリック)
第1世代3相性ピルで、自然のホルモンサイクルに近く、他のピルよりも服用中の不正出血の頻度が一番少ないです。
シンフェーズ
第1世代3相性のピルです。自然のホルモンサイクルに近いピルで、不正出血も抑えられます。サンデーピルと言って、日曜日から開始すれば、月経が平日にくるため、週末の予定がたてやすいメリットがあります。
ファボワール(マーベロンのジェネリック)
第3世代1相性のピルです。内服を早く中止したり、伸ばす事で、月経日の調整もしやすく、にきびにも効果があります。アスリートにお勧めです。

来院時に詳しい説明をして、一番合うピルを選んでいただきます。

費用 シンフェーズ:2700円(税込)
ラベルフィーユ:2500円(税込)
ファボワール:2500円(税込)

※初診料(2160円)は別途必要です。
※再診料・指導料は無料です。