やましたレディース・マタニティクリニック「胎児健診(胎児ドック)」についてのご説明です

お問合せ・ご予約
073-426-8111

診療内容

胎児健診(胎児ドック)

お電話でご予約をお願いいたします。

初期ドック

生まれてくる子供が健康であって欲しいと思うのはご夫婦の願いです。しかし、子供の3〜5%は何らかの異常をもって生まれてくると言われています。その中には、染色体の異常から、治療をすれば治る病気まで様々です。約25%が染色体異常で、そのうち70%がダウン症(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーです。
その他は、通常の染色体検査では分からない遺伝子の異常や心臓奇形、口唇口蓋裂、水腎症、脳室拡大等の形態な異常(奇形)です。

出生前診断を受ける主な理由
  • 高齢(35歳以上)
  • 家族、血縁に染色体異常の子供がいる
  • 染色体異常が原因で流産や死産をしたことがある
  • 種々の情報から本人や近親者が心配している

出生前診断には主として染色体異常を対象とした遺伝学的検査(初期精密超音波検査・染色体検査)と心臓、脳、内蔵などの臓器に異常がないかどうか診断する形態学的検査(中期・後期精密超音波検査)があります。

遺伝学的検査(初期精密超音波検査・染色体検査)

妊娠初期に行う検査は染色体異常を対象とした遺伝学的検査になります。
遺伝学的検査には非確定検査確定検査があります。

非確定検査

非確定検査は、染色体異常(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)の確率を出す検査です。

  • 初期精密超音波検査(初期ドック)(NT、鼻骨、静脈管逆流、三尖弁逆流による確率計算)
  • OSCAR検査(コンバインド検査)
  • NIPT(無侵襲出生前母体血検査/和歌山日赤、和歌山医大)
  • トリプルマーカーテスト(15週~19週)
確定検査

確定検査は染色体を調べ、染色体異常の有無を確定する検査です。

  • 絨毛検査
  • 羊水検査

確定検査はお腹から針を刺して胎盤や羊水を採る検査のため流産のリスクがあります。
まずは非確定検査を行い、染色体異常の確率が高い場合に確定検査を行います。

※クリックすると詳細をご覧いただけます

初期精密超音波検査
(初期ドック/妊娠11週~13週)
32400円(税込/カウンセリング料金含む/30~60分)
主として、マーカー(NT、鼻骨、静脈管逆流、三尖弁逆流)と呼ばれるサインをチェックして、染色体異常の確率を調べる検査です。マーカーは病気では無く、妊娠初期にだけ認められるサインです。これらの検査をするためにはFMF(Fetal Medical Foundation:英国)の国際資格が必要であり、院長はすべての資格を持っています。
計算された数値から、今後の方針を検討します。そのまま経過をみる、更に別の角度から確率を出す母体血清マーカー(OSCAR検査)やクワトロ検査を行う、確定診断のために絨毛検査(妊娠11~14週)、羊水検査(妊娠16~18週)を受ける選択肢があります。
OSCAR検査(One-Stop Clinic for Assessment of Risk/コンバインド検査)
38880円(初期ドックを受けている方は27000円)(税込)
NT(首のむくみ)、母体年齢、既往歴、血清マーカー(PAPP-A、freeβhCG)を組み合わせる事により、21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの確率を計算する検査です。イギリス、フランス、香港など諸外国では基本的な検査ですが、日本で行われている施設は少なく、和歌山では当クリニックだけです。
この検査もFMF(Fetal Medical Foundation)のNT計測ライセンスを持った医師だけが測定できます。結果は2日で判明します。
無侵襲出生前母体血検査
(NIPT/妊娠11週~13週頃)
正常の染色体は2本一対ですが、母体血に流れている胎児血で21番(ダウン症)、18番(18トリソミー)、13番(13トリソミー)の染色体が3本ではないかを調べる検査です。日赤和歌山医療センター、和歌山県立医科大学で検査を受けることができます。対象は35歳以上、トリソミーの妊娠経験ありなどの基準があります。(費用は20万円ほど)
クワトロ検査(妊娠15~17週)
20520円(税込)
4種類のホルモンを測定し、ダウン症、18トリソミー、開放性脊椎管奇形の確率を計算する血液検査です。
羊水検査(妊娠16週以降)(準備中)
腹壁から子宮に針を刺して羊水を採取して、羊水中の胎児の細胞の染色体を調べる確定検査です。
最終的な結果(Gバンド法)には2週間ほどかかります。当院では、QF-PCR法を併用し、21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーに関しては1~2日で結果がでます。羊水検査による合併症として約0.3%に破水が起こる事があります。流産に至ることは少なく、入院のうえ、安静で大抵は落ち着きます。
絨毛検査(外部依頼)
妊娠11~14週で腹壁から胎盤に針を刺して胎盤(絨毛)の組織を採取して、染色体検査を行います。メリットは妊娠早期に診断結果がでることです。検査によるリスクとして約1%に破水があり羊水検査より高い率です。胎盤性モザイクの結果が出た場合は、16週以降に羊水検査が必要になります。初期ドックの結果、染色体異常の可能性が高い場合、羊水検査ができる16週まで待つ不安の解消のため、クリフム夫律子マタニティクリニックへ絨毛検査の依頼をします。
  • いずれの検査も事前に遺伝カウンセリングが必要です。(当院で妊婦健診を受けている方は無料)
  • 超音波検査で診断困難な異常が見つかったり、染色体検査で判断が難しい結果がでることがあります。その場合、当院では提携クリニックであるクリフム夫律子マタニティクリニック(大阪市)へ相談し、必要があれば紹介します。

中期・後期ドック(中期・後期精密超音波検査)

大きな奇形を持って生まれてくる赤ちゃんの多くは妊娠経過が順調なお母さんから生まれてきますが、生まれてすぐから治療が必要な病気があります。お腹の中にいるうちに発見できれば、生まれてからの治療やサポート体制を事前に整えることができ、ご両親も出産前に気持ちの準備をしておくことができます。生まれてくる赤ちゃんに対して何ができるか分かることは、非常に大切なことです。中期ドック(妊娠18~20週)や後期ドック(妊娠25~30週)は主として、胎児の発育や形態的な異常(先天異常の75%)、胎盤・臍帯の異常を見つけることで、出生前から生まれてくる赤ちゃんの治療を行う準備をすることを目的としています。
また、異常を見つけるだけではなく、個々の臓器に異常がないことを確認し、安心することも精密超音波検査の目的です。

※クリックすると詳細をご覧いただけます

中期精密超音波検査
(中期ドック/妊娠18~20週)
妊娠18~20週で、主として、胎児に心臓を含めた大きな奇形がないかどうか、後遺症を残す脳の異常がないか、などをチェックする検査です。
後期精密超音波検査
(後期ドック/妊娠25~30週)
胎児の心疾患は1000人に6~7人の割合で、胎児の異常の中で一番多いです。心臓の超音波検査は25週頃が適しており、中期よりも更に詳しく検査をします。心奇形が判明した場合は、小児循環器専門医のいる施設へ紹介します。
  • その他、発育、胎盤・臍帯・羊水の異常がないかどうかも調べます。
  • 3D/4Dエコー検査も含みます。
    詳しくはこちら

費用:27000円(税込/30分)
(当院で妊婦健診を受けられている方はこれに準じた精密超音波検査を行いますので、受ける必要はありません)