やましたレディース・マタニティクリニック「性感染症・おりものが気になる方」についてのご説明です

お問合せ・ご予約
073-426-8111

診療内容

性感染症・おりものが気になる方
おりものが気になる方

おりもの(帯下)が多かったり、かゆみがあると性病を心配しますが、症状に合わせて必要な検査を行います。
また、症状が無くても性感染症にかかっていることがありますので、気になる方も受診してください。

性感染症
クラミジア感染症
潜伏期間は1~3週間です。最も多い性感染症で、男女とも自覚症状が少なく、気がつかないうちに子宮、卵巣、お腹の中まで感染が広がると慢性的な下腹部痛、不妊、子宮外妊娠の原因になります。妊娠中に感染すると、流早産の原因になったり、赤ちゃんが結膜炎、肺炎になることもあります。咽頭に感染することもあり、その場合は咽頭の検査を行います。検査陽性の場合は、抗生物質の内服治療を行いますが、パートナーの検査、治療も必要です。
淋菌感染症
潜伏期間は3日~10日です。クラミジアと同様、頻度の多い性感染症です。男性は排尿痛で受診することが多いですが、女性は帯下が増えた程度の症状しかなく、気づかないうちにお腹の中まで広がることがあります。咽頭に感染することもあります。検査陽性の場合は、抗生物質の点滴治療を行いますが、パートナーの検査、治療も必要です。
トリコモナス膣炎
トリコモナス原虫が原因で、主な感染経路は性行為ですが、お風呂の椅子や便器などで感染する事もあります。黄白色で泡立ったおりものが増え、外陰部が痒くなることがありますが、20%は無症状です。顕微鏡ですぐに診断できます。膣錠や内服薬で治療を行います。
外陰ヘルペス
潜伏期間は2日~10日。自覚症状は激しい外陰部痛と性器の水疱で、そけい部のリンパ節が腫れることもあります。初感染は治療をしなければ、1ヶ月ほど症状が続きます。一度感染すると、脊髄神経にウイルスが潜み、抵抗力が落ちた時に再発します。出産前に発症すると赤ちゃんが産道で感染を起こすことがあります。抗ウイルス薬で治療をします。
尖圭コンジローマ
潜伏期間は数週間から数ヶ月です。外陰部、膣、子宮頸部、肛門にイボができます。痛みや痒みはありません。軟膏や切除で治療します。
梅毒
梅毒トレポネーマという細菌による性感染症です。最近、増加傾向にあり、妊娠中にかかると早産や死産の原因になります。
症状は第1期から第4期まで長期に渡り進行、重症化してゆきます。
抗生物質の内服で治りますが、治療時期が遅れるほど、治療時間がかかります。
かゆみ

外陰部のかゆみの主な原因はカンジダ膣炎と接触性皮膚炎(かぶれ)です。

カンジダ膣炎
カンジダという真菌(カビ)が増えるとポロポロした白いかたまりの帯下がでます。過労や妊娠など抵抗力が落ちた時や抗生物質を内服した後にかかりやすいです。
顕微鏡で確認できれば、膣剤とクリームを処方します。
接触性皮膚炎
ナプキン、化学線維などの物理的な刺激によるかぶれで、ステロイド軟膏で治療します。
その他
萎縮性腟炎
閉経すれば女性ホルモンが少なくなるため、腟・外陰部の皮膚が弱り、かゆみが出ることがあります。ホルモン剤の膣錠や内服が効果的です。
細菌性腟炎、トリコモナス膣炎