やましたレディース・マタニティクリニック「避妊リング」についてのご説明です

お問合せ・ご予約
073-426-8111

診療内容

避妊リング

子宮内避妊リング
(IUD:子宮内避妊具)
について

子宮内に小さな器具を入れて、受精を妨げ、着床を防ぐことで避妊ができます。5年で交換が必要ですが、低用量ピルを5年間服用した場合、およそ16万円かかりますので、避妊リングの方が費用対効果は高いです。また、ピルのように毎日の内服するわずらわしさがありません。
種類はFD-1、ノバT380、ミレーナがあります。

FD-1 24840円(税込)
従来のプラスティックのみの子宮内避妊具で避妊効果は95%程とやや劣ります。そのため、最近では、銅付加型やホルモン付加型が主流となっています。5年で交換が必要です。
ノバT380 32400円(税込)
従来のプラスティック製のIUDに銅が付加されたものです。銅は精子の通過を妨げたり、受精、着床を阻害することで避妊効果を示します。避妊効果は99.4%と言われています。銅は体に入ることは無く安全です。月経量が多くなる事があるので、過多月経の方は使用できません。また、銅アレルギーの方も使用できません。(効果は5年)
ミレーナ(IUS:子宮内避妊システム) 43200円(税込)
ミレーナは子宮内避妊具に黄体ホルモンが添加されており、子宮内避妊システムと言われています。黄体ホルモンが子宮内膜に直接働きかけるので子宮内膜が薄くなり、月経量が減り、月経痛が軽減する効果もあります。過多月経や月経困難症の方は保険適応があります。また、受精卵が子宮内膜に着床することも妨げて、避妊効果が高くなります。避妊効果は99.9% と非常に高いです。(効果は5年)
装着後しばらくは月経以外の出血が続くことがありますが、3~6ヶ月で出血は収まります。20%程に下腹部痛がありますが、治療が必要な程度ではありません。
ホルモン剤が子宮以外の体に入ることは無く、血栓症、肝機能、癌のリスクに影響はありません。
  • いずれの器具も5年で抜去もしくは交換してください。
    長年入れたままにしておくと、抜去が困難になることがあり、感染の原因にもなります。
  • 上記金額には挿入費用、診察料、薬剤料(抗生物質)も含まれます。
    抜去費用は10800円、入れ替えの場合は5400円(いずれも税込)です。

挿入前に一度受診していただき、問診、診察等で挿入に問題が無いかを確認させていただき、ご希望の避妊具を注文します。挿入時期は月経開始日よりおよそ10日以内で、月経量が少なくなれば挿入できます(4~7日目が理想)。月経が来れば診察の予約をしてください。
挿入時の痛みは我慢できない程ではありませんが、ご希望の方には、局所麻酔や痛み止めを使用します。また、初産婦、頸管が狭い方、長年挿入していたため抜去困難な場合は静脈麻酔を使うこともあります。
挿入位置に問題が無くても、挿入後1~2ヶ月は自然抜去することがありますので、定期診察が必要です。

以下の方は使用できません。

  • 癌の疑いがある
  • 原因不明の性器出血がある
  • 過多月経、機能性出血を繰り返す(FD-1、ノバT380)
  • 子宮奇形、子宮筋腫等で子宮に形態異常があり、子宮腔が変形している
  • 最近3ヶ月以内に性器感染症にかかったことがある
  • 性感染症を繰り返している
  • 子宮外妊娠の既往がある
  • 重篤な肝障害がある
  • 銅アレルギー(ノバT380)
  • 妊娠の疑いがある

出産後は2ヶ月から挿入できます。(ピルは出産6ヶ月後からです)
妊娠、出産経験の無い方も挿入できますが、医師に相談してください。
その他、分からないことがあれば、医師に相談してください。